忍者ブログ
HOME Admin Write

保育士の幼児保育ノート&ちょっとだけ求人探し

保育士として働き始めた。保育士の勉強を始めた。そんな保育士さん向けに、保育のコツや知識をまとめました&ちょっとだけ私の求人探しのコト^^

5歳児と言えば、就学前の大切な時期です。
保育園を卒園し、小学校へと入学をしていく時期でもあります。

この一生で一度しかない5歳児という大切な時期を預かるのは、他の年齢にはない大変さもあります。
小学校にすんなり入学できるように保育士としてアプローチをしていかなくてはいけません。

そこで今回は5歳児の保育で気をつけること、取り組みたいことを、全3回にわたって詳しくご紹介します。

5歳児の特徴ってどんな感じ?

クラスの友だちとも小さな社会を形成しつつあり、毎日自分たちで関わって遊べるようになります。

また女の子の中には、小さなクラスの子どもたちの面倒をみたいと訴えたりもします。
そして、保育士の手伝いを率先して取り組んでくれる姿も見られるのです。

就学前のこの時期に、保育園では「鼓笛隊」活動に取り組んだりする保育園も珍しくありません。


また数字や文字などへの興味も深まり、自分で名前を書いたり、早い子なら足し算に取り組んでいる子もいます。

知的好奇心の高まりが一番増えてくる時期かもしれません。
また周りの社会のルールというものを自分なりに理解し、それを友だちの世界に取り入れようとしている子どももいます。

道徳の理解が進み、公共の場でのマナーを意識するようにもなります。
生まれてからたった5年ですが、ここまで大きく成長する子どもたちに感動を覚えることでしょう。

しかし5歳児にもなると、大人の誤魔化しなどにも敏感に反応します。
ルールなどを保育士が率先して守るようにしておかないと、大切な場面で子どもたちがルールを守れないというクラスになってしまいます。

保育士としては、襟を正して取り組まなくてはいけない年齢ですね。

文字や数字の学習に偏り過ぎない

何かを教えるということはその子どもにあったタイミングがあります。
しかし、就学前ということもあり、文字も数字も全く駄目、という子どもがいたら、必死に教えたいと思ってしまうのも保育士として当然です。

確かに焦ります。
クラスの中で1人だけ・・・となると余計に焦ることでしょう。

ですが、まだまだ数字や文字に興味のない子どももいるのです。
子どもは興味のある時に興味のあることを覚えると一気に覚えます。

しかし逆になると全く覚えません。
それどころか、負担になってしまい、ストレスにもなるのです。

文字や数字はどうしても反復練習が必要になります。
嫌いなことを反復練習する。

これって子どもにとって相当辛い体験ですよね。
文字や数字に抵抗感を抱いてしまわないように、生活の中で関心が持てるような働きかけをしていきましょう。
PR

この記事へのコメント

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
小岩井さん
性別:
女性
職業:
元保育士
自己紹介:
こんにちは。訪問ありがとうございます。
幼児保育について書いていこうと思います。保育士になりたて・なりたいと考えている保育士さんや、3歳児、4歳児、5歳児の保育について困っている方はのぞいていってくださいね。

カテゴリー

Copyright ©  -- 保育士の幼児保育ノート&ちょっとだけ求人探し --  All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]