忍者ブログ
HOME Admin Write

保育士の幼児保育ノート&ちょっとだけ求人探し

保育士として働き始めた。保育士の勉強を始めた。そんな保育士さん向けに、保育のコツや知識をまとめました&ちょっとだけ私の求人探しのコト^^

「シュタイナー教育」「サドベリー教育」という言葉を聞いたことがありますか?

これらは、幼児教育で使われている教育方法の1つです。幼児教育というと、有名なのはモンテッソーリ教育でしょうか。
最近ではモンテッソーリ教育を取り入れている保育園が多く、資格なども取得が奨励されています。

しかし、モンテッソーリ教育のほかにも最近注目が集まっているのが「シュタイナー教育」と「サドベリー教育」なんです。
これらは一体どんな特徴を持つ教育方法なんでしょうか?

子育てをしている保護者の方だけでなく、保育士にとっても役立つ情報ですのでぜひチェックしてみてください。


シュタイナー教育とは

シュタイナー教育は、20世紀のはじめに思想家である「ルドルフ・シュタイナー」が提唱した教育方法です。
シュタイナー教育では、次の3つの考え方を大切にしています。

子どもは周囲の大人の真似をして育つ

まず1つめが「子どもは周囲の大人の真似をして育つ」ということです。

生まれたばかりの子どもたちは、何もすることができません。その状態から、まわりの大人の行動をみて、真似していくことで学習をしていきます。

そのため、子どものまわりにいる大人たちは、保育士も含めて、みんな子どものお手本であるという自覚をもって行動することが必要になります。

子どもの安定した成長には落ち着いた環境が必要である

2つめが環境整備です。シュタイナー教育では、子どもたちの心の安定には、落ち着いた環境が必要と考えています。

大きな音を出したり、叫び声があがっているという環境ではなく、子どもが一番落ち着く色である淡いピンクを貴重とした静かな環境づくりをします。

カーテンや保育士のエプロン・スカートも淡いピンク色で統一している保育園もあります。
また、おもちゃも自然の素材でつくられているものが奨励されており、木製の積み木や、綿100%のお人形などが用意されている施設もあります。

集団行動には規則的な生活が基盤となる

シュタイナー教育では、1日の規則的な生活が、1週間、1ヶ月、1年の行動をつくっていくと考えています。

そのため、毎日の規則的な行動が重視されており、この規則的な生活を基盤として、子どもたちが集団行動を円滑にできるようになるとされています。

サドベリー教育とは

サドベリー教育は、ボストンで発祥してすでに45年以上の歴史を持っている教育方法です。日本でも、すでに8校のサドベリースクールがあるとのことで、モンテッソーリ教育の次にくる教育方法として中も注目されつつあります。

日本のサドベリースクールを見てみると、驚くような特徴が3つあります。

カリキュラム、テストが存在しない

子どもたちは自分で学びたいことをきめ、どれだけ勉強するかを決定します。
好きなものを好きな量だけ勉強できる、という日本の教育方法とは全く違う方法です。


たとえばゲームをやめない子どもがいても、それを止めたり勉強を促したりすることはありません。そういった行動は、子どもをそのゲームへと執着させる原因となると考えられています。

飽きてほかのものに興味をむけたり、自分で必要なものを見つけるまでなにも働きかけをしません。

子どもも大人も平等の1票をもっていて、一緒に学校運営を行う

通常の学校運営は、大人が決めた方針に沿って子どもたちの活動が決まります。しかし、サドベリーは「一緒に考える」ということを重視します。

そのため、子どもも大人も、運営方針について同じ重さの権利を持ちます。どういうように運営していくのか、というのはすべて「話し合い」で決めるのです。

異年齢の子どもたちが一緒に過ごす

モンテッソーリ教育とも少し似ているのが、異年齢が一緒に過ごすという点です。

異なる年齢の子どもたちが一緒に過ごすことで、子どもたち1人1人の問題解決能力を高めたり、助け合うという社会性をのばすことになります。

取り扱う保育園は多数派ではありませんが、実践できる求人は確実に存在します。「シュタイナー」といったキーワードで検索できる保育士の募集情報サイトもありますので、トライしてみてください。
PR
「魔の三歳児」という言葉を一度は聞いたことがあるかと思います。
三歳児と言うのは、歩行もしっかりしてきて、自分でしたい!という欲求が高まる時期でもあります。

なにを言ってもやだやだ、だっこしてもすごい力で暴れる・・・

もしかすると、保育園の中でも一番大変なのは三歳児かもしれません。
そこで今回は、この「魔の三歳児」を上手に乗り切るためにはどんなポイントがあるのかご紹介していきましょう!


どうして「魔の三歳児」?

そもそも何故「魔の三歳児」なんでしょうか?
これには子どもの発達が深く関係してきます。

三歳になると、自分でできることが増え、大人から禁止されることを嫌がります。
俗に言う「イヤイヤ期」ですが、二歳から始まり三歳になってもこの傾向がみられるのです。

更に、生活面でも自分でできることが増え、急激に語彙が増え運動活動も発達します。
この事から、友だちとトラブルになったり、大人に反抗するようになるのです。

この反抗というのはとても大事なことで、集団生活の中で自分以外の人間を「許す」「譲る」「我慢する」「感謝する」といったことを学んでいくのです。
ここでの学習が将来、「自分で考えて行動ができるようになる」と言ったことに繋がっていくんです。

担任を持つにはとても困る時期ではありますが、同時にとても成長の著しい年齢でもあるのです。
言い変えてみれば、やりがいのある時期でもあるのです。

しかし、経験の浅い保育士さんになると毎日が怒鳴ってばかりで辛いという悩みを抱えやすいのも三歳児だと言えるでしょう。


毅然とした態度


「ベテランの保育士さんの言うことはよく聞くのに私の言葉は全く聞いてくれない。」
というのが良くある悩みです。

私も新人の頃や、実習の時は大変悩みました。
何故こうもできないのかというと、それは信頼関係がきちんと築けていないからです。

信用していない先生の言うことを、子どもは全く聞きません。
子どもは本当によく見ています。

あなたがこういったけど、前の時も聞かなくても大丈夫だったから今回もいいや!となっているのです。
信頼関係は毎日の積み重ねでしか築けないものです。

では何の積み重ねでしょうか?
それは毅然とした態度です。


決めたことはやり通す

一度口にしたことを決して曲げない、というなんともないことですが、できていますか?

保育では常に時間が決められていることもあります。
残り時間が少ないからと言って、「しよう!」と決めたことを中途半端に「しなくていいよ」と切り上げさせた事はありませんか?

こういった一度口にしたことを貫くことは想像以上に大変です。
しかし、一度決めたことをフラフラ~とすぐに変えてしまう先生には子どもたちはついてきません。

「こんな風に言ってるけど、きっとまたなあなあで済ませてくれるだろう。」と感じてしまうのです。
その結果、何を声かけしても聞いてくれないということになるんですね。

いばるのではなく信念をもつ

毅然とした態度をとるというのは、経験が浅いうちは難しいものです。
何も子どもたちの前でいばれと言うのではありません。

自分の信念を一本通して、子どもたちがあなたの心のブレに振り回されないようにすることが大切です。

でも、私のようにどうしても今の園から他の園に移りたいと思っていて(笑、
内心は良い求人条件にこころがぶれまくってしまっている保育士は、
必要以上に自分に厳しくする必要はありません。
頑張り症候群や燃え尽き症候群で、心にダメージを追ってしまっては
園児たちに明るく接する事すらできなくなってしまいますので、どしどしww
好条件の保育士求人を探しまくりましょう。
それが自分への優しさ、であるとともに、今後も接していく(接する大人のテンパり具合をこの上なく鋭く感じ取る)園児たちのためにもなると信じて。。。
※9月14日更新しました※

保育士として担任をもつと経験しなければならないのが、「保育参観」です。

子どもたちの対応でもいっぱいいっぱいなのに、保育参観で保護者の方もいらっしゃるなんて!と焦ってしまいますね。

良い所をみせようとして空回りしてしまうことも少なくない、保育士にとって憂鬱なイベントの保育参観。
そんな保育参観をばっちり決める「挨拶」についてご紹介します。

保育参観の挨拶とは?

保育参観の目的は、普段の子どもたちの様子を保護者の方に見ていただくことです。
普段通りにしよう、と思って保護者の方への挨拶を忘れるのはNG。

忙しい中子どもたちの様子を見に来てくれたことに、感謝する挨拶をしましょう。

では、具体的にどんな内容の挨拶をすればいいのでしょうか?
詳しくご紹介します。

挨拶で気をつけること

家庭環境に配慮する

保護者の方の年齢差や、シングルのご家庭など、家庭によって状況は様々です。
そのことに配慮した内容の挨拶にしましょう。

「数名ですが、お父さんもいらっしゃってくださいました。ありがとうございます」という余計な一言は不要です。

また、予定している制作や遊びの内容も「母親」「父親」「両親」などに偏った内容がないか今一度確認しましょう。

自己紹介する

入園式などで挨拶しているからいいや、と自己紹介を抜かすのではなく、「●●組の担任をしています○○です」程度の自己紹介は入れましょう。

入園式に来れなかった保護者の方もいらっしゃいますし、より「きちんとした先生」という印象がつきます。

子どもたちのことを織り交ぜる

保育参観の中心となるのは「子どもたち」。保護者の方も、子どもたちの様子を見に来ています。

保護者の方の目が子どもに向くようなひとことを織り交ぜると、挨拶が終わったあとの保育へのつなぎもスムーズです。

また、子どもたちも知らない大人がたくさんいて緊張している場合もあります。そんな子どもたちの緊張をほぐすきっかけにもなります。

手短に話す

挨拶はしたほうがいいですが、だらだらと長い挨拶はNG。長い話に保護者も子どもたちも飽きてしまいます。

保護者の方の顔をみながらはっきりと挨拶をのべ、さっと保育にはいるようにしましょう。「手際がよくて礼儀正しい先生だな」と好印象です。

実際の挨拶例

「今日は、お忙しい中ご足労いただきありがとうございます。○○組の担任を務めております●●と申します。今日の保育参観では、●●を行う予定です。(子どもたちに向けて)今日はちょっと元気がないけど、みんな緊張してるかな~?じゃあ、一緒に●●しよう!」

緊張する保育参観。でもばっちりこなそう

いかがでしたか?

子どもたちの保育だけでなく、保護者のことまで気にかけないと・・・と思うと、とても大変ですよね。保護者対応において、ストレスに感じている保育士も少なくありません。なかには、保育参観の内容に対して理不尽な要求をいってくる「モンスターペアレント」と呼ばれるような保護者もいます。
そんなストレスがあるときは、「保育士募集」(お役立ちコンテンツ)などの保育士がひといきつける+ちょっと役に立つサイトを見ていて息抜きをするのもいいですよ。(このサイトは私が夜たまに眺めているサイトです。保育ネタもありつつ、とても共感できるエピソードがおもしろいんですよね)

まずいちばん大事なのが、先生が笑顔でいることです。先生が緊張していると、子どもたちもどことなく不安を感じてまとまりがなくなってきます。
常に笑顔でいれるような余裕をつくるためにも、挨拶を事前に決めておく・練習しておくというのは良い方法ですね。

保育参観はとっても緊張してしまうイベントですが、しっかりした対応をすれば印象が大幅にアップします。挨拶をばっちり決めて、素敵な保育参観にしましょう。
保育園の午睡時間は、保育士にとっては束の間の休息タイム、連絡帳や保育日誌などの雑務をこなす貴重な時間になりますね。

でも、保育士の思惑どおりにはいかず、寝つきの悪い子、途中で目覚めてぐずる子、早く起きて遊んでしまう子などさまざまです。
特に乳児の寝かしつけには保育士も苦労しているでしょう。

家庭でも、なかなか寝てくれなくてないてばっかり・・・という状態にお困りのお母さんもいらっ しゃるかもしれませんね。

たくさんの子どもたちを相手にしている保育士はどんなテクニックを使って寝かしつけをしているのかみていきましょう。
 

昼食から午睡までの時間、乳児室はまさに修羅場となっていますね。
食べながら眠くなってぐずる子、泣き叫ぶ子、いつまでも食べ終わらない子に対応しながら、食事のかたづけから午睡準備へと入っていきます。

ばたばたした状態から、徐々に部屋を暗くしたり音楽を流したりして、活動状態からリラックモードへと促していきます。

お決まりのルーティンからお昼寝モードに導いていく オルゴール曲など静かな音楽を流し、絵本を読み聞かせるといういつもと同じパターンでねんねモードに自然と入れるようにします。


添い寝をしてスキンシップをとり落ち着かせる

早く寝つく子から順に添い寝をするとお部屋の雰囲気も寝入りモードに入っていきます。
トントンと一定のリズムで背中をたたく、手足をさする、瞼を軽く触る、おでこをまるくなぜるなど、適度な刺激とリズムで寝かしつけます。

添い寝は、身体をくっつけて子どもの体温を上げるとことにより寝つきが良くなる効果があります。


午睡中は子供から目を離さない

午睡を担当する保育士は子供から目を離してはいけません。寝ている間も、子どもたちに異変がないか見守ることが重要です。

お昼寝は、寝ている時の体温が異常に高い、ぐったりしている、いつもは寝ないのに今日はぐっすり・・・など、子どもの異変を感じられる場でもあります。
また、途中で目覚めてぐずる子どもにはすぐ添い寝をして「側にいる」ことを知らせると、安心して再眠します。


なかなか寝つかない子どもの寝かしつけ

乳児の生活リズム、睡眠リズムはまちまちですから、まだ保育園の午睡リズムに合わない子どもの寝かしつけには本当に苦労しますよね。

寝つくまで横抱きにしてゆらゆら揺らす 抱っこから布団に移す時に、身体が離れたとたんに泣き叫ぶ子もいます。

ゆっくりと添い寝をするように布団に移しましょう。


しばらくおんぶして寝つかせる

寝つきが悪く泣き叫ぶ子は、他の子どもの午睡の妨げにもなります。保育士がおんぶして廊下などをしばらく散歩してやると寝つくことがあります。


寝ついた時の呼吸に合わせてみる

寝ている時の呼吸は深くゆっくりとしたものです。保育士が深い呼吸を大げさにして、子どもの呼吸を誘い、眠りのモードに促していくと寝つくことがあります。


出来るだけ家庭の寝つかせ方に近づけてみる

私の勤めていた保育園に、保育士の耳たぶを触らないと寝つけない子どもがいましたが、家でも母親の耳たぶを触りながら寝ていたようです。 なかなか寝つけない子どもには、お気に入りのタオルを持ってきてもらうなど、出来るだけ家庭で寝つく環境に近づけてみることも必要でしょう。 

まとめ

新人保育士の頃、なかなか寝つかず泣き叫ぶ乳児をおんぶして廊下をうろうろ歩いていたことを思い出します。
眠いのに寝つかない子どもは、たいてい不安が強く興奮状態にあります。

はやく寝てちょうだい!といらいらしたり、あせってしまうこともあるかと思いますが、保育士が一緒に不安になったり寝つかないことにいらだつと、子供に伝わってしまいますね。

大らかな気持ちで子どもを抱きしめ、トントンしたり言葉かけをして興奮をしずめ安心させてやると、自然に眠りに入ってくれるかと思います。
5歳児になると、生活習慣はほとんど自立しており、乳児期のような手のかかり方は全くありません。

運動機能も活発になり、体を動かして遊ぶことを心から喜び、かけっこなどの運動遊びを季節関係なくする姿も見られるのです。

翌年から小学校へと飛び立っていく5歳児ですから、保育園でしっかりと楽しい思い出を作って送り出してあげたいですよね。心に残る5歳児の保育のコツをまとめました。


戸外遊びは本気で

5歳児になると、身体能力も飛躍的に成長します。
ルールのある集団遊びはもちろん、ごっこ遊びも自分たちで考えて始めるようになります。

保育士は新しい遊びとして「ドッジボール」や「長縄跳び」、「鬼ごっこ(様々なモノ)」を提案しましょう。
最初は保育士が中に入ってルールを伝えていきます。

そして慣れてくると保育士は見守る役に回りましょう。
中には自分たちで考えてルールをアレンジし、取り組む姿も見られるようになります。

例えば、「氷鬼」では鬼がきても当てることができない温泉ゾーンがある、などです。
こういったアレンジはどんどん取り入れて遊びを展開していきましょう。

また5歳時にはそういった展開する力がとても強いのです。
よほど危険なルールでない場合は子どもたちで考えてより良い方法を探っていけるようにしましょう。

そして、必ず子どもたちで考える時間を与えてあげることが必要です。
時には友だちと意見がぶつかってトラブルになることもあります。

ここで保育士が声をかけては、保育士の考えたアレンジになってしまいます。
声を挟みたい気持ちをグッと我慢して子どもたちがどう解決していくのかを見守りましょう。


卒園式は一生の思い出に

5歳児のクラス担任は他のどの年齢よりも大変だと言われています。
それは就学前であることや、行事が全て5歳児中心に行われることも関係しています。

しかし、大変な分、やりがいも大きく、一年の最後の卒園式ではあなたの一生心に残る思い出になることでしょう。
私も何度か5歳児を担任していましたが、今でも卒園式のことを思い出すと涙が蘇ってきます。

感動的な卒園式というのはそれまであなたが5歳児とどれだけたくさんの想いを共有してきたかで変わってくるのです。
是非、素晴らしい卒園式を迎えるためにも、5歳児と真剣に向き合い、楽しい保育を目指して下さい。

プロフィール

HN:
小岩井さん
性別:
女性
職業:
元保育士
自己紹介:
こんにちは。訪問ありがとうございます。
幼児保育について書いていこうと思います。保育士になりたて・なりたいと考えている保育士さんや、3歳児、4歳児、5歳児の保育について困っている方はのぞいていってくださいね。

カテゴリー

Copyright ©  -- 保育士の幼児保育ノート&ちょっとだけ求人探し --  All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]